店主ご挨拶

%E3%83%96%E3%82%BF_edited.png

こんにちは 

グロワグロワの栗山裕二です!

当店公式HPをご覧いただき有難うございます!

 

初めて閲覧される方も多いかと思いますので自己紹介をさせて頂きます!

 

栗山 裕二

1969年1月8日 兵庫県尼崎市生まれ

 

関西生まれの私は”牛肉文化”に育ち豚肉は

”固くて癖があって”嫌いでした。。。

そんな私が料理の世界に入り、初めてイベリコ豚の

ステーキを食べた時、あまりの美味しさに感動!

赤身が濃くて旨味がぎゅっと詰まったステーキ。

生のように見えてもしっかり火が通り、とてもジューシーでした。。。

「これ、ほんとに豚肉…?」

今でも自分の常識が覆されたあの感動と驚きは忘れられません。

豚肉料理はしっかり火を通すのが一般的ですが、

実は調理が難しく素材を台無しにしてしまっている

事も多々あります。

今だからわかる、あの時のあのイベリコは本当に豚肉のことを

理解して初めて提供できるクオリティの料理だったということが。。。

”部位ごと~”は、私のそんな体験を基に抱き続けている

「もっと豚肉の美味しさを伝えたい!

本当に美味しい豚肉料理を食べて笑顔になって頂きたい!」

そんな思いから付けた店名です。

数ある店舗よりご来店頂いたあなたが美味しいローストポークを

食べて笑顔になる、それが私の喜びです。。

美味しい豚肉料理を

食べて笑顔になる、

それが私の喜びです。。

オーナーシェフ 栗山裕二

本当の美味しさを

お届けするために

%E3%83%96%E3%82%BF_edited.png

お肉は部位によって調理法を変えることで

最大限に美味しさを引き出す事が出来ます。

当店では豚肉を丸ごと1頭仕入れ、

部位ごとに調理法を変え美味しさをお届けします。

部位.jpeg

いろいろな部位

​コラーゲンたっぷりのスネ肉は、

じっくり煮込んで。

写真はフロマージュ・ド・ジャレ。

プルッ、トロッな食感を

活かします。その他モモや腕など

余すことなく感謝して頂きます。

肉2.jpeg

肩ロースがおすすめ

おすすめロストポーク以外に

ステーキやソテー、煮込みまで

幅広く美味しく食べられます。。

なんといっても1本丸々塊を

豪快にローストポーク!

​肉汁が溢れてたまりません〜〜

解体.jpeg

解体も体験

豚の祖先であるイノシシの解体の

体験をさせて頂きました。

命あるものを美味しく無駄なく

お届けする。。。

飲食店の料理人の使命ですね。

こだわり

%E3%83%96%E3%82%BF_edited.png

ローストポーク

看板メニューのローストポークは

お肉に塩をして一晩寝かし、

低温で10時間火入れすることで

肉汁を最大限お楽しみ頂けるよう調理しております。

肉.jpeg

熟成で香りと

旨味を引出す

1ヶ月間の熟成により

お肉の旨味が凝縮され

香り豊かで濃厚な味の

豚肉に仕上がります。。

焼き.jpeg

炭で焼くのは

火入れでなく香り

低温調理の仕上げは炭!

備長炭の香りは食欲をそそる

ばかりか、味の変化にもなります。

​この一手間が美味しさの秘訣です。

ローストポーク.png

肉汁滴るロゼがベスト!

『豚肉はよく焼け!』と

言われていますが美味しく

食べるならロゼがベスト!

肉汁滴るジューシ−なお肉を

お試し下さい!

部位ごとの調理法

%E3%83%96%E3%82%BF_edited.png

こだわり

味の濃厚なスネやウデ肉は前菜として

シャルキュトリや煮込みにヒレ肉などは優しく火を入れる。。。

あまり出回らない部位などもお楽しみ頂いております。

ジャレ.jpeg

ウデ肉を食べたこと

ありますか?

NHK『がってん』でもお伝えした
豚のウデ肉。。
筋や形がいびつですが、実は

豚肉の中で一番旨味がつまった

​美味しい部位です。

コラーゲンたっぷりのスネ肉は、

じっくり煮込んで。

画像はフロマージュ・ド・ジャレ。

プルッ、トロッな食感を活かします。

生ハム.jpeg

​モモ肉はやっぱ生ハム?

もも肉で一番メジャーな料理は

生ハムでしょうか。。。

熟成した味はたまりません。

当店の国宝の豚や幻の豚で作る

生ハムは最高です!

ローストポーク.png

肩ロース

低温でじっくり火入れすること

10時間。

赤身と脂のバランスが最高の部位。

​看板のローストポークに。

素材

%E3%83%96%E3%82%BF_edited.png

こだわり

豚肉専門店として

皆様に特別な豚肉体験をご提供できるよう、

希少で非常に品質の高い品種を数種類扱っております。

​また、食事に欠かせない野菜やワインにもこだわりがあります。

マロン肉.jpeg

豚肉

茨城県笠間市の栗を食べ、

1年半以上かけて育てられる

『国宝マロンポーク』や

幻のアグー豚と呼ばれる

『今帰仁アグー』などの原種豚。

F1種という日本に1%程度しか存在しない

特別な豚などを使用しています。

野菜.jpeg

野菜

栃木産を中心とした、

無農薬にこだわり大量生産しない

特別なオーガニック野菜を使用しています。

エグミや臭みがなく

本当の野菜の美味しさを実感して頂けます。

ワイン.png

ワイン

フランス、イタリアを中心に

自然派のナチュラルで優しいワインを

​お届けしております。