top of page
  • 9mai087

7周年記念第3弾(最終)


いつもの仕事場サンマルクカフェより

チョコクロを食べながらメールを

書いています


グロワのクリヤマです。


今日は

7周年記念第3弾(最後)のご案内

です。最後までお読み頂ければ

嬉しいです。


  

さて、昨日はめっちゃ暑かったですね。

梅雨はどこへ?

絶好の行楽日和に浅草ROX前は

日曜日という事もあり人で溢れていました。   

  


少しづつマスクを外す人も増えて

コロナも終わり?そんな空気感もあります。

  


さて、第3弾でご案内するのは

そんなコロナで大打撃を受けていた

 


藤原畜産さんの

安曇野放牧豚を使った


肉汁溢れる

自家製ソーセージ




  

そして


テイクアウトで大人気の

黄金の豚丼

 


です。

安曇野放牧豚のことはコロナ前から

知っていて、気になっていたのですが

中々使う機会もなく、コロナ明けに始めて

使わせて頂きました。

  


甘い脂というよくある表現ではなく

サクッとした歯応えを感じる豚さんです。

とても保水性があり、ローストポークに

した時のジューシーさはやばかったです。

 

 

そんな藤原さんは家族経営をされていて、

元々は牛を生産していたそうなんですが、

 

『狂牛病』

 

で、牛は撤退して豚に移行したそうです。

日本初の放牧ということでJAとかなり

やりあったそうです。



社長の息子さんに案内して頂いたんですが、

豚さんは元気に走り回っていました。

 


本来ならもっと、広い土地で放牧したい

そうですが、国の規定でフェンスなどの

設置をしないといけないみたいで、

もう少し時間がかかるそうです。

(国の規定は意味ないそうですが・・・) 

 


年内には豚の頭数を元の頭数までに

伸ばしたいとのこと。

コロナだったり、豚コレラだったり、

養豚家さんはここ数年かなり大変です。

 


少しでもお手伝い出来ればと思い、

ふるさと納税返礼品に登録したり

今回の第3弾で豚さんを食べて頂こうと

企画をしました。

安曇野放牧豚の特徴を存分に活かした


保水力を活かすソーセージ

サクッとした食感と脂の甘さを活かす黄金の豚丼


にしようと決めました。


料理を作るのはもちろん

生産者の想いが伝われば幸いです

  


7周年記念セールが安曇野放牧豚を

育てる藤原さんの 


『安全で美味しいものをお届けしたい』

 

という想いが伝われば嬉しいです。

そんな訳で、例によってご予約フォームの

ご案内です。

テイクアウトと配送に分かれているので

お間違えのないように!! 

 

~テイクアウト専用ページ~


~配送専用ページ~

第3弾BASEページ

第3弾Yahooページ


それでは

ご予約お待ちしております!

閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page